透明(マスク)ツールの使い方 illustratorCC2020

透明マスクIllustrator講座

頻繁に使うツールではないですが、覚えておけばデザインの幅が広がります。
使用例を紹介します。

スポンサーリンク

基本 マスクの仕組みを知る

illustrator透明

[ウィンド]→[透明]でパネルを表示できます。

バナー

バナーを作ってみました。
背景が目立ってちょっとチカチカしますね。透明ツールで見やすくアレンジしていきます。

マスク作成

背景だけ選択し、[マスク作成]を押します。

背景が消えましたがこれはマスク(黒い四角)がかかった状態で実際に消えていません。
マスクでオブジェクトを隠している状態です。

マスク

マスクは白黒に応じて姿を隠したり見せたりできます。

ん?よくわからない!と思いますので、白黒縦模様のオブジェクトを用意します。

白黒
いったんこれをコピーします。
アクティブ

パネルの黒い四角の方をクリックし、コピーした白黒縦模様を張り付けます。
図のように白の部分のみ背景が表示されました。
これがマスクの仕様です。

グレートーンで透明グラデーションに

マスク円状
マスク線状

白黒(+グレー)で作ったグラデーションをかぶせることで
透明グラデーションができます。
文字より目立ってしまった背景を控えめに表現したい時によく使われるテクニックです。

マスク反転

マスクを反転させることができます(白の部分を隠して黒の部分を表示させる)

マスク反転

リンクのオフ

リンクオフ

元のオブジェクトとマスクのオブジェクトリンクされていないので別々の行動します。

リンク オン

リンクオン

リンクされた状態。元のオブジェクトとマスクがくっついてきます。

タイトルとURLをコピーしました