花をつくる illustrator

花をつくるIllustrator講座

2つの方法を使って花のイラストを作ってみましょう。

スポンサーリンク

パターン1 パスの膨張でつくる

図形オブジェクト
線はオフでも構いません

図形を用意します。

パスの変形

オブジェクトを選択した状態で[効果]→[パスの変形]→[パンク・膨張]を選択。

パスの膨張

右に動かすとパスが図のように膨らみます。

図のように四角・台形・星形のオブジェクトからパスを膨張させるだけでパスを花のような形に変形できます。

パンク

左に動かすと刺々しい図形になります。

アピアランスを分割する

膨張オブジェクト

この状態はまだ見掛けだけです。
四角のパスとしてデータが残っています。

アピアランスを分割

オブジェクトを選択した状態で、[オブジェクト]→[アピアランスを分割]を選びます。

花パス

アピアランス分割をすることで花を形をしたパスになりました。

パスファインダー分割
分割を選びます。
グループ解除

パスファインダーの分割を処理したあとグループ解除をします。
これで花びら1枚ずつバラバラになります。

花びらグラデーション

これで花びら一枚編集が可能になりました。
グラデーションをかけてアレンジも可能。

パターン2 回転ツールを使って花をつくる

楕円ツールを作り、[Alt]を押しながら回転ツールで中央下のアンカーポイントをクリック

回転ツール

花びらの数を5枚つけたいので72°に設定 、[コピー]を押します。
360°÷ 5 = 72°

梅の花

[Ctlr]+[D]をおして花びらを複製し完成です。

パスファインダーを使ってねじり花

パスファインダー

図のようにオブジェクトをかさねパスファインダー前面型抜きをします。

72°で回転複製し、線を白へ変更します。

完成

色をつけて完成です。

まとめ

二通りの花のつくりかたを紹介しましたが回転ツールの方がアレンジしやすく個人的におすすめです。

illustratorを1日でも早く状態したい!っという方は回転ツールで色んな花をつくってみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました