文字を手書き風にアレンジする チョーク編

Illustrator講座
タイトル

黒板に描いたようなチョーク風アレンジを紹介します。
アピアランスのパネルを準備しておきましょう。

スポンサーリンク

下準備 文字を入力する

文字データ

文字を用意します。
癖の少ない太文字のフォントがオススメです。

アウトライン化

入力した文字をアウトライン化します。
Windows版の人は右クリック

ショートかっと/アウトライン
グループ解除

グループ解除してください。
これで文字がバラバラに独立したオブジェクトとなります。

線幅をかえる

線幅を1ptにします(重要)
(あとで説明します)

下準備はこれで終わりです。

スタイライズで落書き風に

スタイライズ

オブジェクトを選択した状態で、効果⇒スタイライズ⇒落書きを選びます。

落書き:パラメーター

パラメーターを調整するウィンドが表示されます。
レビューを見ながら[線幅][角の丸み]の数値をいじっていきます。
この数値はあとで訂正できます。

アピアランス:落書き

落書き効果を適用後、アピアランスパネルに[落書き]が追加されます。
細かい調整が再度したくなった場合、このパネルから再調整できます。

あれ?効果が反映されないと思ったら・・・

アピアランス

[落書き]は塗り項目へ移動させる。
ドラッグ操作で移動できます。

線ありなしで適用すると・・・

線ありなし

スタイライズ:落書き効果をかける前に、線幅1ptを適用しました。
線あり・なしではこのように違ってきます。

パラメーターは同じです。読めなくはないですが線なしは文字として認識しにくいですね。

アピアランスを分割する

アピアランスの分割

アピアランスを分割します。
落書きの効果はオブジェクトのデータとして変換されます。

※ご注意※
この作業をすると落書きのパラメーターの変更ができなくなります。

アートブラシを適用させる

アートブラシ

ウィンドウ⇒ブラシでパネルを開きます。
アートブラシを表示させてください。

ブラシ適用

木炭画・鉛筆を選びます。

完成

完成

線の色を白に変更し黒板っぽく演出

おまけ グラフィックスタイルに登録する

グラフィックスタイル

アピアランス分割の前にグラフィックスタイルのパネルに登録すると

グラフィックスタイル


また使いたいときに再利用できます

タイトルとURLをコピーしました