Adobe Creative Cloudを安く購入する方法

雑記
スポンサーリンク

Adobe公式サイトで買うと年間74,976円

コンプリートプランを購入すると月額6,248円(税込み) 年間に計算すると74,976円
手軽にスキル習得できるといっても、プロならまだしも趣味程度にしか利用しないアマチュアには手が出しにくい価格なのは確かです。
半額で購入できる学生割がありますが、ある方法を使えば社会人(個人)でも学割価格で購入が可能になります。

Creative Cloudの価格とメンバーシッププラン | Adobe Creative Cloud
Adobe Creative Cloudのメンバーシッププランと価格をご確認ください。すべてのデスクトップアプリケーション、ストレージ、ファイル同期および共有機能をご利用いただけます。

学生じゃなくても最安値で入手できる方法

  • 通信講座の受講を申し込む
  • Amazonのセールを待つ

アドビ公式からプラチナスクールパートナーと認定された通信講座サービスを申し込めば、学生以外でもアカデミック版価格で購入が可能です。
以下、プラチナスクールパートナー認定通信講座を紹介します。

【おすすめ】ヒューマンアカデミー「たのまな」

自宅で動画画集ができる通信講座
なんと受講生になると個人でもアカデミック版を購入することができる。

ヒューマンアカデミー「たのまな」学習応援キャンペーンを申し込むだけです。
特典アカデミック版を購入することができます。

購入後、ライセンスコードと通信講座IDは登録したメールへお知らせがきます。
ソフトが割安で手に入ると同時に講座サービス付きですので、初心者はこちらがオススメです。



デジハリ・オンラインスクール Adobeマスター講座

受講料+Adobe CCを含んで 39,980円(税込) 

基礎動画教63時間分と、12ヶ月版のAdobe Creative Cloudがセットになりました。
お支払い手続き後すぐ受講開始し、AdobeCCが使えるシリアルコードもすぐにお届け。いつでも、学習を始めることができます。

Adobeマスター講座 | Web、CG、映像、プログラミングの通信講座「デジハリ・オンラインスクール」
デジハリ・オンラインスクールはAdobeからスクールパートナー認定校です。デジハリ・オンラインスクールの通信講座は自宅や会社で好きな時間にWebデザイン・グラフィック・CG・映像制作・アプリ制作が学べます。

1年後継続して使い時

2年目も使い時は再度申し込み手続きをしてください。
今後もずっと使うつもりであれば、ライセンス3年契約コースで申し込みOK

セール時を狙う

20年4月14日 一般向けで18%OFF少しお安くなってます。

頻度は少ないですが、たまに公式ストアでセール価格で販売していることがあります。
ちなみにAmazonでもオンラインコードが購入できます。
Amazonプライムデー時に値下げされていることがありますので、要チェック

Adobe Creative Cloud コンプリート|12か月版|Windows/Mac対応|オンラインコード版

新品価格
¥47,277から
(2020/4/14 22:04時点)

以上ここまでですが、以下Adobe Creative Cloudの購入メリットを紹介したいう思います。

そもそもAdobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)てなに?

パッケージ版はCS6を最後に終了し、今現在ではサブスクリプション形式となっています。月額の使用料を払えばAdobeソフトウェアが使い放題な上さらにクラウドオプションもついてきます。

Creative Cloudになって便利になったこと

常に最新バージョンを利用できる

ソフトウェアアップデートもお好きなタイミングで出来るのでパッケージ版より利便性が向上しています。旧バージョンCS版も利用が可能。

クラウドライブラリが使える

USBなど記憶媒体がなくてもインターネット環境があれば作成した作品が場所を選ばず編集・閲覧ができます。
パソコンのトラブルでデータが消えても慌てることはありません。

副業するなら取得しておいて損はないスキル

近年この副業ブームで「自宅PCで副業できることは何か?」と調べるとまず多いのがWebデザイン・プログラミング・動画作成だと思います。
数あるPCスキルの中でも割と手頃で取得しやすいAdobeソフトウェア(Photoshop,illustrator等)もし副業始めてみるならこの機会にAdobe Creative Cloudを購入してスキルアップを目指してみてはいかかがでしょう。

人気副業でやりたいことが当てはまる人は 触れてみる価値あります。

  • ブログ(アドセンス・アフィリエイト)
  • Amazon・楽天・BUYMA商品掲載
  • ウェブ広告やバナー制作のコンペ
  • YouTubeのサムネイル制作や動画編集
  • アプリの制作

ただやりたい事によってはコンプリートプランよりも単体プランの方がいいケースもあります。事例をいくつかあげてみます。

画像加工系のみならフォトプラン (月額1078円税込み)

ブログ・サムネイル作成・ECサイト商品掲載用の画像切り抜き加工なら
Photoshop と Lightroomが一緒になったフォトプラン(月額1078円)で充分です。

ウェブ広告(LP)やバナー制作

フォトプラン + illustrator単体プラン 公式ストアで購入すると月額3,806円
illustrator単体プランのセール期間を狙うのもありです。

動画作成ならコンプリートプラン

映像系ソフトウェアだけでも3つもある、それならコンプリートプラン一択です。

YouTube向けに動画作成・編集するとしたら、Premium Pro, Photoshop, After Effectsがあれば便利なので単体プランを3つ契約するよりコンプリートプランがオススメです。

フリーソフトはダメ?

「フリーで高性能なレタッチソフトがあるけど、それじゃダメなの?」
フリーソフトでも気にしないクライアントもいますが・・・

フリーソフトよりAdobeのソフトウェアを扱えるようになったら以下のようなメリットがあります。

  • クラウドワークス・ランサーズといったクリエイト系求人の採用に強い
  • プロからアマチュアまでクリエイター達が使っているからマニュアルが豊富
  • スクリプトやテクスチャの素材が豊富に配布されている

求人の採用に強い

ソフトが扱えるようになっても、それを仕事に繋げないと意味がありません。
クラウドワークスやランサーズといったクリエイト系の求人を見ると、Adobeソフトを扱える人優先に採用されるケースがあります。

プロフィールにスキルとして登録できる (画面はクラウドワークス)
ソフトが扱えるようになると、数あるコンペにも参加できるようになる。

画像切り抜き加工にしてもバナーデザインのコンペでも、納品時はPhotoshoのファイルデータで提出を支持されることもあります。
クライアントの要望に応えるにはフリーソフトだと限界があります。

マニュアルが豊富だから独学がしやすい

現役プロのデザイナーからアマチュアまで、私のブログのようにテクニックを紹介している情報発信サイトは沢山でてきます。制作途中分からないことがあれば、検索一つで解決することが可能なのです。

これはほんの一部、マニアックな質問まである

書籍も豊富

思い描いた世界を作る Photoshopレタッチ・加工 魔法のレシピ

新品価格
¥2,640から
(2020/4/14 21:47時点)

Illustrator 10年使える逆引き手帖【CC完全対応】[Mac & Windows対応]

新品価格
¥2,640から
(2020/4/12 14:32時点)

スクリプトやテクスチャの素材が豊富に配布されている

サムネイルを見ただけでもこのボリューム

photoshop,illustratorで使えるテクスチャやブラシなど素材の配布が豊富にあります。
ソフトの扱いに慣れない頃でもクオリティの高い素材を使ってバナーやサムネイル作成ができます。

スクリプトは面倒な作業をクリック一つで処理してくれる便利な拡張機能を配布しているサイトもあります。

最後に 

この記事を書こうと思ったキッカケは仕事やプライベートでillustratorを検索にかけると「illustrator 無料」のサジェストがよく目に入るからです。
(ちなみにPhotshopも同様に出てきます)

すでに調べた事があると人は結論をご存じだと思いますが、無料で扱える方法は

ありません。

illustratorCS2が無料ダウンロードできた経緯は、Adobe側の都合でライセンス認証サーバを停止した為、CS2購入対象者のみ提供されたサービスです。

必死で無料で使う方法を探すより、いかに安く購入できるか調べた方が無難です。
だからこの記事を執筆しました。お役に立てれば幸いです。


タイトルとURLをコピーしました