牧場物語オリーブタウンと希望の大地レビュー 1年目で底が見えてしまう

牧場物語ゲーム
スポンサーリンク

ゲームテンポが速い牧場物語

1年目から育てられる農作物の種類が多く、また野生どうぶつを手なずけることで簡単に家畜が手に入る。世話もかなり簡略され多頭飼いがしやすくなった。牧場作業に加え長年放置され荒地になったエリアを開拓する作業も加わるので、今作はほのぼの感はない駆け足な牧場物語です。

どうぶつの世話が簡略化された

放牧・ブラッシング・乳搾、これらの作業に道具が不要になり、どうぶつの近くでAボタンを押すだけで作業を終えることができるようになった。
手間暇かけて世話した人にとってはマイナスかもしれない・・・

スプリンクラーで農作業も簡略化

主人公の家のすぐ近くに鉱山があるので、道具のアップグレードに必要な素材が早く手に入り、更に低コストでスプリンクラーを量産できるので、作物の作業も快適になり畑拡大がしやすくなった。
グラフィックが向上した分、様々な作物をズラリと並ぶ光景はワクワクする。

3つの牧場を開拓する楽しさ

今作は牧場エリアが3つもあり、無造作に生えた雑草や雑木林の大地を徐々に開拓していき、伐採した木材や石で道具を作り自分だけの牧場を作っていくことができる。

牧場物語(エリア3)

ひたすら農作物の畑を拡大してもいい、どうぶつ達を重点にした牧場作りもでもいい。徐々に頭に描いた理想の牧場が出来ていく楽しさがあります。

問題点

メーカーに浸食される牧場

低コストで様々なメーカーがクラフトできますが、メーカー1機につき1個しかアイテムを作成できない。その上時間もかかるので、大量生産するにはメーカーを大量に並べて常に目を見張る必要がある。作物やどうぶつ達の世話をする時間よりもメーカーに時間を奪われる方が多くなる。

過去作に比べメーカー細分化しすぎ?

このゲームで布を一つ作ると、雑草から糸を作成するメーカーと糸から布を作るメーカーの2種類が必要になる。さらに、羊やアルパカの毛を毛糸にするメーカーも別に必要。服飾関係で3つもメーカーを配置しなければならない。

過去作では、ミルクメーカー一つでヨーグルト・チーズ・バター3種類が作成できたのに、今作では「チーズメーカー」「ヨーグルトメーカー」「バターメーカー」と細分化されてしまっている。メーカーは4マス以上の空きがないと配置できないので、下手すると動物小屋よりもスペースを取っている。

そして何より一番の問題は、牧場中にたくさん並べたメーカーをフル稼働していると、ゲームがフリーズしそうになるぐらい画面が止まりかけたりする。

品評会がない

牧場物語シリーズ恒例イベントでもある育てた作物の品質を競う「品評会」が廃止になっている。その為、農作物の品質を上げるメリットが金策になるぐらいにしかない。

全員モブキャラのような住人達

牧場物語といえば、住人達と深い交流ができ攻略可能なキャラであれば好感度を上げて恋人関係になり、結婚もできる楽しみもあります。

しかし今作、シリーズ恒例の婿・嫁候補キャラの立ち絵がなく、会話の内容も「こんにちは。」「〇〇楽しみだね」「〇〇楽しかったね」Twitterのbotアカウントより中身のない会話で交流の楽しみが皆無。

倫理感に欠けるイベント

牧場物語(ジャコポ)
町長の息子ジャコポ。平然と海にゴミを捨てたことを言う。

一部住人のモラルの低さに目を疑う。Twitterの検索サジェストでは「牧場物語 倫理」がくるほど悪い意味で注目されるようになってしまっている・・・

Twitterサジェスト

総評

評価:3 / 10 点

1年目で底が見えてしまうボリューム

品評会を廃止したことにより、農作物や副産物の品質を上げる意味がほぼ無い。3つの牧場エリアまで行けるようになっても、あとは自己満足レイアウトをいかに楽しむかがプレイヤー次第になっている。早ければ1年目の秋で街の発展も完了してしまう。

ゲームテンポが速いが、このゲームの目標を失うのも速い。

メーカー地獄が生む2つの悲劇

牧場と鉱山にこもり開拓作業に没頭している時間は面白かった、ゲームが進行する度に増えるメーカーにスペースを取られ素敵なレイアウトを考えても、ズラリと並ぶメーカーで景観を台無されてしまう。過去作では1つで済んだメーカーを細分化した理由もよく分からない上に、置けば置くほどゲームの動作が不安定になる。

レビュー炎上、公式が謝罪

発売から1週間、Amazonのレビュー評価は2点 楽天ブックスは3点 プロデューサーのTwitterアカウントに牧場主から不満のリプが多く寄せらほのぼのゲームとは思えない荒れっぷりを見せた。
時間がかかっても以下の項目をアップデートで修正する予定のようだ。

・一部会話テキストの修正および追加
・メーカー類の仕様改善
・没入感を削ぐ演出の適宜改修
・ゲームバランスの調整
・各種不具合の継続的な修正

細かいバグは兎も角、メーカー地獄とbot会話はテストプレイしてれば気づくと思うのだが、見切り発車だったのだろうか?

アップデート後、追記予定です。

タイトルとURLをコピーしました